取引する心

「そして、人々に教えて言われた。『こう書いてあるではないか。「私の家は、すべての民の/祈りの家と呼ばれる。」ところが、あなたがたはそれを強盗の巣にしてしまった。』」(マルコ11:17)
 イエスさまがエルサレムに来ると、そこに大きな神殿がありました。ほかのどの建物よりも大きくて美しいものでした。でも外見の美しさとは反対に内部はごったがえすようにして、たくさんのお店が並んでいました。 その様子をご覧になったイエスさまは、人が変わったように激しく感情を剥き出しにされました。「宮清め」の出来事です。 何故、そこまで主イエスは激怒されたのでしょうか。それは本来、礼拝のための場所がお金もうけのために利用されていたからです。 実際、神殿の境内では、礼拝に来る人の弱みに付け込むような仕方で商売が行われていました。神殿では傷ついた供え物を捧げることができませんでしたから、人々は供え物のための動物を、求められる額を払って購入せざるを得ませんでした。しかもこうした商売を神殿で奉仕する祭司たちも容認していたのです。 考えてみれば、ここで主イエスが必死になって、「祈りの家」であるべき神殿から追い払おうとしたものとは、「取引する心」だったのではないかと思います。 「取引する心」とは、持ち物や能力と引き換えに、神の恵みを得よう、また得られるとする心です。「神さまの赦しと両替しようとする心」です。もっと言えば、神さまの恵みをあたかも私たち自身の手で自由に操作することができると勘違いする高慢な心です。主イエスは、そうした心を追放しようとなさったのです。 昨日から金曜日まで受難週祈祷会の動画が配信されています。ぜひ、時間の都合をつけて、語られる御言葉に耳を傾け、神さまに祈る時間を大切にしようではありませんか。
いってらっしゃい。
牧師 松本雅弘
ご感想は下まで(スマホ・パソコンの方向けです) forms.gle/EkE9N8gDaJQ7ee2L9
発行者名:高座教会 連絡先:info@koza-church.jp 住所:大和市南林間2−14−1